3つの事業領域 当社が価値を創造する3つの事業分野をご紹介します

「住」が主たる事業領域

当社の主たる事業領域は人の生活の中で最も大切な3つの要素たる「衣・食・住」の「住」です。

「衣食足りて礼節を知る」(管子)という言葉があります。日本人の生活で「衣」と「食」は、世界の経済大国として過剰なまでに充実してきましたが、「住」ではまだまだ。本来ならば貴重な伝統資産として、数世代にまたがって利用、承継されねばならぬはずが、日本では住宅平均寿命はわずか30年。
lifetime
壮大な資源の無駄遣いと環境への過負荷、貴重な財産の浪費。その結果、未だ礼節を知らず、決して豊かと感じることのできない生活を強いられている現代日本人にとって今一番大切なのは、「住生活の充実」ではないでしょうか?国土交通省が平成20年から超長期住宅先導的モデル事業(200年住宅)の推進していますが、ここは内需の拡大に大変有効な貢献ができる分野です。

この領域では、住宅設備と建材の専門卸商社として住宅関連業者(法人)さまへの「営業支援=BS」と一般消費者(個人)さまへの「カスタマサービス=CS」を提供いたします。

詳しくは、住まいの情報収集サイト「姫路の住まい.com」をご覧ください。

ここでは、生活の質を高め、環境にやさしい低炭素生活をおくる上で不可欠な最新のエコ機器を中心に大手メーカー商品の特長比較と新商品情報などユニークな記事を掲載しました。当社ではオリジナルな営業支援とサービスを展開しております。

平成12年から始めた全国初の住宅設備の無料5年保証「IGSサービス」もその一つです。

「不動産賃貸事業」は関連領域

ここでは、主たる事業領域から派生した「賃貸マンション」と「オフィスビル」等の不動産事業部門をご案内します。当社(及び関連会社)が所有する高級賃貸マンション(飾磨地区にてRC造の4物件)とテナントビル事業(駅南の今村ビルと12所前通りの城陽ビルの2物件)がそれです。

ima_buildmansion03mansion04jyoyo

左から:今村ビル(姫路駅南)/ポルトドールしかま/ビクトリアしかま/城陽ビルヂング(一二所前通り)

詳しくは姫路で賃貸マンションやオフィスビルを探しておられる方を対象とする「姫路の賃貸.com」をご覧ください。

遊休不動産の有効活用として「賃貸マンション」や「オフィスビル」の経営を計画中のお客様には、住まいの設備の専門家としてだけでなく、経験に裏付けられた実践家として真に役に立つアドバイスや生きた知恵、そしてそれぞれの専門分野のエキスパートの紹介もいたします。

「賃貸マンション経営の実践報告」も合わせてお読みください。